民宿やコンドミニアムで沖縄の生活の一部を味わう

民宿で沖縄ライフを満喫

沖縄を旅行した際に、現地の生活を最も実感する事が出来るのが民宿利用であり、短期間で沖縄を満喫する事が可能です。家族経営の民宿は、自分で獲ってきた魚・栽培した野菜で作ったメニューを夕食と朝食に並べてくれる事から、以前から食べられてきた沖縄料理を毎日味わえるでしょう。代表的な食事としては、島豆腐が入ったゴーヤチャンプルー・本土ではあまり見かけないカラフルな魚の刺身・人参しりしり・海ぶどう・豚肉料理(ミミガーやラフテー)といったメニューが楽しめます。多くの人が宿泊する民宿は、食事を別グループと一緒に楽しめるケースや、経営者家族が沖縄三味線を弾いてくれるサービスもあるので、素敵な思い出を作れる事は間違いありません。

コンドミニアムを使って沖縄に滞在する

長期滞在者向けのコンドミニアムは、プライバシーを重視したい方におすすめの滞在方法であり、沖縄本島中部エリアのリゾートホテルや那覇市近辺のビジネスホテルに設置されています。コンドミニアムは、小さなお子様がいても安心出来るマンションタイプが多く、大きな声や走った音が気になってしまう方におすすめです。大規模なコンドミニアムは、ほとんどでレンタカー利用者向けの駐車場が設置されている事から、そこを拠点にして沖縄本島各地を巡れるメリットがあります。なお、滞在中の食事は自炊か外食が一般的で、自分で食材を調達する必要があるものの、現地のスーパーマーケット・道の駅・直売所で島野菜やご当地食材を気軽に手に入れる事が出来ます。